ミニ(MINI)誕生!最初は双子

スポンサードリンク
史上最初のミニが登場したのは、1959年(昭和34年)年8月26日のこと。BMC(British Motor Company)というイギリスの自動車メーカーからでした。

Austin(オースチン)とMorris(モーリス)という二社が合併して当時イギリス最大の自動車メーカーとなっていたBMCが発表したこの小型のサルーンは、元々の会社のイメージを活かすため「Austin Seven(オースチン・セブン)」「Morris Mini-Minor(モーリス ミニ・マイナー)」と呼ばれる2車種で発表され、車名こそ違うものの全くの同一車だったのです。

外見上僅かに違うのが、車名を表すエンブレム類とフロントグリルのデザインで、これが、以降もこの車種体系での販売を長年に渡って続けることになるハシリとなりました(つい最近まで、日本車でもこういった車種体系の車はいくらでもありましたよね)。

この最初のモデルは全長が3m足らず。しかしながら、その小さなボディがモノコックで作られていたこと、そしてその前後にサブ・フレームを用いる構造になっていたことが特徴で、フロント・サブ・フレーム内に駆動系を全て収めることによってFF方式となっていたのが、当時としては非常に画期的だったのです。
posted by MiniMaster | ミニ(MINI)の歴史
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。