MINI COOPER(ミニクーパー)の消えた日

スポンサードリンク
1,275cc版MINI COOPER S(ミニクーパーS)は、登場してわずか半年後に、他のMINIシリーズに合わせる形で改良を受けることになります。

この時期から始まったMINIの変革は、970cc、1,071ccのMINI COOPER Sをはじめ、スタンダードのMINI COOPERまでもを、そのラインアップから消していくことになるわけですが、最期まで残ったこの1,275cc版MINI COOPERは、唯一、COOPERを冠するモデルとして改良を重ね、Mk-Vまでモデルチェンジを受けました。

ただ、寿命をのばされた分だけ、他のMINIスタンダードとの共通パーツが多くなったことで、改良を重ねる度にMINI COOPER Sとしての独自性が薄れていったのは否めません。

排ガス規制や省エネ、そして安全対策といった当時の世の中の大きな流れに、ベースとなるMINIが設計から10数年を経ている上に、レース仕様車として誕生したMINI COOPERは逆らう術がなかったわけです。

そして1971年7月、ついにこの1,275cc版MINI COOPER Sも、その姿を消すことになります。しかし、多くのファンのMINI COOPERを求める熱意はいつまでも冷めることはありませんでした。”MINI COOPERが消えた日”は、ファンがいつになるか分からない復活を待ち続けることを決意した日でもあったのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。