970cc MINI COOPER S(ミニクーパーS)

スポンサードリンク
1,071ccのMINI COOPER S(ミニクーパーS)に続き、1964年の3月に登場したのが970ccのMINI COOPER S。

この970cc版のMINI COOPER Sは、当時のサルーンカー・レースの1リッタークラスのレギュレーションに適合させるために生まれ、歴代のMINI COOPER Sの中で最小排気量のモデルとなります。

エンジンは基本的に1,071ccエンジンのショートストローク版を搭載(バルブ径やキャブレーションは変更なし)し、圧縮比を9.75:1まで引き上げる(1,071ccエンジンは9.0:1)チューニングを施すことで最高出力65ps、最大トルク7.6kg-mを発揮しました。

前述のようにサルーンカー・レースの1リッタークラスに参加することを第一優先として開発されたため、装備面についても1,071ccのMINI COOPER Sとなんら変わることなく、970cc版としての特別な装備は何もありません。

このMINI COOPER Sは登場から10ヶ月後の1965年1月まで生産されましたが、今考えてみても、レースに参加する名分だけでこれだけ短命な車を市場投入していたわけですから、当時のMINI COOPER Sが、いかに多くのレースで必要とされていたかが分かるエピソードとしても面白いですよね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。